掲載日時:2008年01月08日

第9回 情報交換会(定例会)開催

■日時:1月19日(土)15:00-17:00
■会場:NPO支援センターちば
■内容:@国土交通省 フォローアップ検討会の報告
     福祉有償運送のその後の経過
     報告者 冨島淳一(とみしま じゅんいち)さん
         市川市役所 福祉部 地域福祉支援課 副主幹
    A緊急検証 - 事故事例から学ぶリスクの回避 -
     講師 荻野陽一(おぎの よういち)さん
    B情報交換会
■参加費:500円(会員無料)
■定員:30名(先着順受付)
※終了後新年会を予定しています。ご参加できる方はどうぞ。
 <講師プロフィール>
荻野陽一(おぎの よういち)
自ら脳性麻痺という障害をもちながらも電動車椅子を駆使して街を闊歩する行動派。現在は、特定非営利活動法人世田谷ミニキャブ区民の会事務局長、また、東京ハンディキャブ連絡会副代表として移動サービスに関わり、運営者の立場と利用者の立場の両面を理解しながら、その狭間で苦労も味わっている。さらに、障害当事者の立場から、世田谷区において福祉有償運送運営協議会やユニバーサルデザインのまちづくり活動にも参画している。
埼玉県出身。東京都立光明養護学校高等部卒業。日本福祉大学社会福祉学部卒業。
posted by 事務局 at 16:52 | TrackBack(0) | 【情報交換会】

この記事へのトラックバック
[広告]以下の広告は、移動支援ネットワークちばとは関連のないグーグル広告です。